丈夫な家づくり


地盤調査

強固な建物を支える地盤にも、信頼できる安全性が必要とされます。
全棟綿密な地盤調査を第三者機構のスウェーデン式サウンディング試験によって行い、必要に応じた対処法を明らかにし、不同沈下しない地盤対策を実施します。
さらに基礎着工日に始まり、お引き渡しより20年間品質保証いたします。

地盤補強工事

三光不動産の地盤補強工事は主に、柱状改良工法、既製コンクリート杭工法、表層改良工法と呼ばれる工法で、その土地の特性に合わせた改良と補強を施工いたします。

基礎工事

三光不動産ではベタ基礎を標準採用とし、地震にも強く、住まいを長持ちさせる基礎づくりを行います。
建物の床下全面に鉄筋を配筋し、建物を面で支えるベタ基礎は、耐震性に優れ、外力によるねじれやゆがみを食い止めます。
また、地面からの湿気を防ぐので、防湿にも優れます。
防蟻剤を基礎の土間下と外周部に散布し、防蟻処理も万全に行います。
※地盤調査により、地盤補強が必要な場合は自重の軽い布基礎と地盤補強工事を併用した工法となります。(防湿コンクリート含む)

構造

耐震性、耐久性といった住宅の基本的な安全性を確立するために、高強度・高品質の工法で住宅をつくります。

基本構造


高強度高品質の「新・軸組工法」

進化した技術で耐震強度をアップ

増改築が容易な軸組工法をベースに、耐力壁をパネル化。
さらに、接合部には高い強度を持ち、腐食にも強い金具「テックワン」を使用したのが「三光の基本構造」です。
主要軸組みには集成材プレカットを使用し、より頑丈で狂いの少ない構造体を実現。
耐震性と耐久性に優れた、高品質の住まいづくりが可能です。

Point1

木造軸組パネル工法(モノコック工法)

耐震性を高めるために、軸組工法とパネル工法の長所を組み合わせた「モノコック工法」です。
確実な高断熱・高気密を実現しながら、地震や台風などの横からの「水平荷重」だけでなく、縦揺れの地震など上下の「鉛直荷重」にも強さを発揮する工法です。

筋交い
筋交いを使った場合

日本の木造住宅では伝統的な工法で、柱と柱の間に「筋交い」を入れることで強度を保ちます。

基本設計 矢印
木造軸組パネル工法 モノコック工法
木造軸組パネル工法(モノコック工法)の場合

耐力壁をパネル化することで、あらゆる方向からかかる外力を建物全体で分散して受け止めることができます。

Point2

地震対策

「耐震」と「制震」という2つの方法で、建物を地震や風の被害から守ります。


耐震

耐震

揺れに耐えて建物の倒壊を防ぎます。
木造軸組パネル工法(モノコック工法)の耐力壁によって、地震の力を「面」で支えることによって耐震性を高めています。

基本設計 プラス

制震

揺れを吸収し、制御して建物の損傷を抑えます。
住友ゴムの制震ダンパーユニット「MIRAIE(ミライエ)」を採用し、揺れを最大95%吸収、低減し、建物を守ります。

ゴムで吸収する制震ダンパーユニット「MIRAIE」
全棟に標準搭載
MIRAIE
Point3

接合金具「テックワン」金物

木造軸組工法の弱点である接合部を、接合金具「テックワン」を使用することで解決。
「テックワン」は試験にて実証された高い耐震性と腐食に対する自然治癒力を持った新溶解めっき鋼板「ZAM」が施された高耐食性を有する安心の接合部材です。

テックワン 金物
Point4

構造材

高強度

柱や梁などに使う木材は、強度が強く品質にばらつきの無いプレカットされた集成材を用いています。
集成材を使用することで、狂いに強く、耐力を増すことができます。

施工性

木材加工と金具取付を工場で行うため、高品質・高強度の構造体を供給でき、作業の合理化とコストダウンを実現します。

防蟻処理

地盤面より高さ1mまでの土台・大引・柱・間柱・耐力壁には薬剤塗布による防蟻処理を施します。
また、土台にはシロアリに強い木材を使用し、シロアリの被害から建物を守ります。

Point5

床組み

三光不動産では、加えられた力に対して変形が小さい剛床工法を採用。
基準の厚みを大きく上回る28mmの構造用合板を用いて床を支えています。

快適な家づくり


快適な室内環境を示す断熱等性能等級は最高等級4に、一次エネルギー消費量でも最高等級5に適合します。
※一部仕様により等級は異なります。

Point1

断熱仕様

三光不動産では主に、外張り断熱工法(外断熱)・充填断熱工法(内断熱)、その2つを組み合わせた内外ダブル断熱工法の3タイプから、それぞれの特色とお客様のニーズに合った最善の工法をご提案いたします。

断熱仕様
外張り断熱(外断熱)工法
断熱材
(高機能フェノールフォーム)

柱や梁の外側をすっぽりと包み込むように高機能の断熱材を貼り付けます。断熱材の切れ目が少なく断熱性・気密性が高くなります。
フェノールフォーム板は、樹脂を発泡させた極めて微細な気泡を含んだ断熱材です。この気泡には断熱性の高いガスを封入しているため、長期にわたって高い断熱性を維持できます。
炎を当てても燃え広がらず炭化するという特徴もあり、耐燃焼性能にも優れている断熱材です。

充填断熱(内断熱)工法
断熱材
(硬質ウレタンフォーム、もしくは高性能グラスウール16k)

建物の内側には断熱性・耐湿性・吸音性・難燃性・安全性に優れた断熱材を、柱や梁、天井に充填します。
硬質ウレタンフォームはノンホルムアルデヒドの現場発泡タイプで、水で発泡するため、吹付けの際にフロンガスなどを使用しない環境と人にやさしい断熱材です。
高性能グラスウール 16kは、たくさんの住宅に利用されている、極細のガラス繊維で作られた断熱材です。壁内部への湿気の侵入を防止し、壁内結露も防止します。

軸組の外側で熱の侵入を防ぐ外断熱工法と、建物の内側から暖かさを逃さない内断熱工法、それらを組み合わせた内外ダブル断熱工法の中から、ベストな工法をご提案いたします。
どれも、特に寒さの厳しい東北の冬場でも暖かさを逃しません。

Point2

全熱交換型24時間換気システム

住む人の健康を守るために、24時間機械換気を設置することが建築基準法により定められています。
吸気も排気も機械で行う第一種換気と、冷暖房時の冷気や暖気を逃さず省エネ性能に優れている熱交換気ユニットによって1年中経済的に快適で健康な生活ができます。
さらに、湿気の侵入や過乾燥を防ぎます。

  • 換気方式の中でも最も確実な換気が可能で空気の流れが制御しやすいタイプです。
  • 比較的気密性の低い住宅でも安定した換気効果が得られ、戸建・集合住宅ともに使用可能です。

フィルター付パネルはデザイン一新で掃除性をさらにアップ。 熱交換素子、各種フィルターはパネルを外さずに容易にお手入れできます。 パネルのフィルターは、掃除機などで容易にお手入れできます。

Point3

サッシ性能

樹脂サッシと高性能複層ガラス

住まいの「断熱」を考えるには、家の中で最も熱の出入りが多い“窓の断熱性能”を高めることが、快適で健康な暮らしを実現するための大切なポイントとなります。
従来の樹脂サッシに比べ、断熱性能を進化させた高性能樹脂窓で、暖房時の熱の流出、冷房時の熱の流入を抑制し、室内の快適さを保ちます。

断熱性能の高い家 暖冷房費低減

品質・保証・アフターサービス


建築現場管理

現場管理専門スタッフによる厳格なチェックを実施。
毎日の社内チェックのほか、第三者機構による3回の検査に合格した建物のみをお施主様にお渡しします。

最長30年保証

三光不動産は、「住宅の品質確保の促進等に関する法律」による、構造躯体や雨水の浸入に対する10年間の瑕疵担保責任で、大切なご自宅の安全を保証します。
さらに、保証継続の条件を満たしていただくことで、最長30年を経過する日の前日まで保証を更新します。
また、三光不動産独自の保証制度として、設備や仕上げなどの部分についても短期保証を行っております。
※短期保証制度につきましては、2012年10月よりご契約頂き、ご契約書に『保証約款』が添付されているお客様が対象となります。

地盤サポートシステム

第三者機構による実績のある解析力により不同沈下しない地盤対策を実施。
さらに基礎着工日に始まり、お引き渡しより20年間品質保証いたします。

防蟻保証

万が一のとき、第三者機関による2種類のシロアリ保証がお客様を守ります。
※保証内容の詳細につきましては、担当までお問い合わせください。

アフターサービス

お引渡しの後も、快適な暮らしをバックアップ。
3ヶ月、6ヶ月、1年、2年、5年、10年にわたり定期点検を行います。
専門スタッフが住まいの健康度を丁寧にチェックし、定期点検以外でも万が一の不具合に迅速に対応します。

リフォーム


アフターサービスの後も続くお付き合い

住まいづくりのコンサルティングで培った施工品質と住宅の機能向上は、リフォームにも活かすことができます。
ご家族の成長やライフスタイルの変化によって住まいのかたちを変える必要が出てくるかもしれません。また、経年による傷みの補修や美化など住宅のメンテナンスは必ず必要となります。工事範囲の大きさにかかわらず、幅広いリフォームのニーズにお応えします。